性のコラム

オナ禁の効果でモテる?ベストな禁欲期間と絶対に成功させる方法

「オナ禁をするとモテる」という噂を聞いたことはないでしょうか?

一見嘘っぽいのですが、実はこの噂はかなり的を射たものなんですよね。

結論から言うとオナ禁をすると魅力的な男になれます。

この記事では、オナ禁で何故異性にモテるようになるのか、オナ禁のメリットを明らかにして説明します。

また、オナ禁の効果的な期間とオナ禁を絶対に成功させる方法についても解説していますので、是非参考にしてみてください。

オナ禁の効果でモテるの?

確かにオナ禁をすればモテるようになりますが、急にフェロモンがむんむん放出されて、人気者になるということではないんです。

ではどういうことかなのか。

オナ禁によって得られる4つのメリットがモテる男の要素に合致しているんですよ。

  • 肌がきれいになり清潔感アップ
  • 筋肉質になり、エネルギッシュになる
  • 精神力が鍛えられ、知的になる
  • 遅漏が改善する

こういう男性は、女性からすればとても魅力的です。

オナ禁によって、アイドルや俳優のようなイケメンになれませんが、男としての「格」が上がるのです。

肌がきれいになり清潔感アップ

肌荒れやニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因です。

オナニーをすると、肌荒れやニキビの原因である「悪性のホルモン」が増加します。

通常であれば、睡眠中に善性ホルモンとのバランス調整を行うので、体調に変化はありません。しかし、睡眠の質が低下するとその調整が上手く行われずに、ニキビや肌荒れが起こります。

オナニーは寝る前に行う人が多いですよね。
オナニーによって寝る時間が遅くなると、睡眠の質が低下し、悪性のホルモンが常に多い状態になります。
そのうえパソコンやスマートフォンでオカズを見る人は、ブルーライトを浴びることになり、更なる睡眠の質の低下に繋がります。

オナ禁によって規則的な睡眠の習慣になると、ホルモンバランスは安定し肌の状態は良くなります。

筋肉質になり、エネルギッシュになる

オナ禁を行うと、集中力が上がり疲れにくくなり、エネルギッシュになります。

理由はオナニーをしていない間は、体内の男性ホルモンの量が増えていくからです。男性ホルモンは、筋肉を付きやすくしたり、性欲を高めたりといわゆる「男らしさ」に影響を与えます。
つまり男性ホルモンの量が増えると、筋肉量の増加、代謝の促進など身体機能が向上します。

またオナニーは、はっきり言って時間の無駄。オナニー1回に30分かかるとして、1日1回を1ヶ月続けると15時間です。15時間で筋トレをすることで男らしさを手に入れ、より人生を豊かにできます。

詳しくは後述しますが、オナニーは1週間に1度がベスト。それ以上の回数をすることは、健康的な生活を送るうえでの足かせになるのでオススメしません。

オナニーで生まれた時間を有効活用し、エネルギッシュな生活を送りましょう。

精神力が鍛えられ、知的になる

オナニーを我慢することは精神の修行になります。

欲望の赴くままに活動することは、必ずしも悪いことではありませんが、自制心・理性を鍛えるということは非常に重要です。

なぜなら自制心と知能には結び付きがあるから。
2009年に「Psychological Science」で発表された研究で、研究者グループは被験者に「すぐに得る少額の報酬」と「後で得る高額の報酬」のどちらを選ぶかを記録した実験を行いました。「後で得る高額の報酬」を選んだ被験者は、知能テストで高得点を出す傾向にあったそうです。

自制心を持つと、仕事などの生産性向上も見込めるのです。

遅漏が改善する

オナ禁で遅漏が改善する可能性があります。

オナニーを頻繁にしていると、刺激に慣れてしまいドンドン強い刺激を求めてしまいます。すると女性の膣よりも、オナニーの方が刺激が強くなり遅漏になります
オナ禁で、刺激に対する耐性を一度リセットすると、再び刺激に弱い状態を作り出せるので、結果的に遅漏が改善するのです。

同時に、エロに対する免疫が低下することで、興奮しやすくなる効果もあります。

遅漏は、女性に「自分に興奮していないのかな?」と不安にさせ、罪悪感を植え付けてしまいかねません。
パートナーに不安な思いをさせるのは嫌ですよね?
遅漏に悩んでいる方は、是非オナ禁をしてみることをオススメします。

オナ禁の効果的な期間は1週間!それ以上は体に害!

実は長期間オナ禁は逆効果ということをご存知でしょうか。
インターネットには、「1年のオナ禁でモテモテに!」などという記事がありますが、一切の科学的根拠がありません。オナ禁は、効果的な期間行うことで始めて威力を発揮します。

その効果的な期間は1週間。

1週間に1回のオナニー(射精)を行うことで、上で述べたような魅力的な男へ近づけます。これにはオナ禁の期間と男性ホルモンの量が関係しているから。

2003年に中国人研究者が禁欲と男性ホルモンの関係を研究しました。
28人の被験者の射精後の男性ホルモンの量を毎日計測し、たところ、ほぼ全員が射精してから7日目でピークを迎え、8日目以降は急激に値が降下していくという結果が分かっています。

つまり、7日目で射精をすると、男性ホルモンの濃度の低下を防ぎ、常に安定したホルモンレベルを保てるので、オナ禁の効果を最大限享受出来ます。

長期間のオナ禁によるデメリット3つ

上の研究結果からも分かるように、射精してから8日以降は男性ホルモンの量が低下し続けます。長期間のオナ禁で、体内の男性ホルモンの量が低い状態が続くと、男性機能に弊害が生まれます。

  • ペニスが小さくなる
  • 精子の質が下がる
  • 勃起力の低下

男性ホルモンは、その95%が睾丸で作られており、男性機能と密接な関わりがあります。

長期のオナ禁をすると、脳が男性機能を必要ないものと判断して、栄養などを送らなくなっていきます。するとペニスの縮小や勃起力の低下(ED)などが起こる可能性があります。
また、睾丸の中の精子も古くなると活動率が下がり、元気の無い精子になってしまいます。不妊の原因にもなるので定期的な射精が必要です。

オナ禁を絶対に成功させる4つの方法

オナ禁は1週間するのが最も効果的です。

既に週1以下の頻度でオナニーをしている人ならオナ禁を簡単に思えるかもしれませんが、毎日オナニーをしている人からすれば難しいはずです。
そこでオナ禁を絶対に成功させる4つの方法をご紹介します。

  • 性欲をオナニー以外で解消する
  • エロいものを見ない
  • 寝る前までに体力を使い切る
  • ムラムラしたら嫌なことを考える

性欲をオナニー以外で解消する

性欲が高まっている時は、別の欲求で解消してみましょう。

  • 絵を描く
  • 料理をする
  • スポーツに没頭する
  • 食欲で解消する
  • 音楽を聴く

趣味に没頭することが一番メジャーな解消法です。
特にスポーツ・筋トレがおすすめです。
身体を動かした後は、さわやかな気分になりますし、疲労感でオナニーをする気力を削ぐ効果もあります。オナ禁によって男性ホルモンの量が増えているので、筋肉が付きやすくなっています。筋肉質な男らしい身体をゲットすることも同時にでき、一石二鳥です。

満腹状態だと、性欲よりも睡眠欲の方が強くなるので、食欲に置き換えてとにかく食べまくるのも良いですね。

エロいものを見ない

普通の人がオナニーをするときの流れは、「ムラムラする→AV・エロ雑誌を見る→オナニー」ですよね。しかし日常的にオナニーをする人は、「AV・エロ雑誌を見るムラムラする→オナニーする」という流れになっているはずです。

日常的に刺激的なものを見る癖が付いているせいで、常にムラムラしているためにオナニーをしてしまうんです。つまりエロを遮断してエロを見る癖を矯正すれば良いのです。

  • エロサイトをブロックする
  • 家では、スマホを金庫などの出すのがめんどくさい所に収容する
  • エロ雑誌は処分する

エロサイトをよく見る人はサイトをブロックし、エロ雑誌を見る人は処分しましょう。サイトをブロックしても、すぐにブロックを解除してしまう人は、寝る前はスマホを金庫などに保管するようにして、エロに触れるまでに手間を増やすと良いでしょう。かなり苦しいかもしれませんが、強引な反面、効果的な方法でもあります。

寝る前までに体力を使い切る

肉体的にも精神的にも疲れた日は、すぐに眠くなってしまっていませんか?

オナニーをする気力もわかないほど自分を疲れさせると、自然とオナ禁が出来ます。例えば、全力疾走や筋トレといった方法は短時間で疲労度を高めるのに有効です。

上のような肉体的な疲労が最も手っ取り早い方法ですが、精神的疲労もアリです。新しい環境に身を置いたり、新しいことにチャレンジしたりと、長時間緊張状態が続くと精神的に疲労しますよね。方法の1つとして心得ておきましょう。

  • 寝る前に全力疾走する
  • 腕や足に力が入らなくなるまで筋トレする
  • 新しい環境に身を置く
  • 新しいことにチャレンジする

ムラムラしたらエロの真逆のことを考える

ムラムラしたら、エロと真逆のこと考えると性欲が減退する場合があります。

  • ムカデやゴキブリなど気持ち悪いものの画像や動画を見る。
  • 母親の顔を思い浮かべる
  • 嫌いな上司の顔を思い浮かべる

個人的には、気持ち悪い虫や母親などを思い浮かべると性欲は無くなります。実際に虫の動画を見たり、母親の写真を見たりすると、よりイメージが具体的になって性欲は跡形もなく消え去ってしまいます。

ただ上記の例は筆者の個人的な意見なので、各々「これでは絶対に性欲がわかないな」というものを考えて対処すると良いでしょう。

オナ禁効果で男を磨こう!

  • 性欲をオナニー以外で解消する
  • エロいものを見ない
  • 寝る前までに体力を使い切る
  • ムラムラしたら嫌なことを考える

今回ご紹介した方法どれを選んでも、一番大事なのは絶対にオナ禁を成功させる意志です。結局オナニーをするかどうかを決めるのは己自身ですからね。
長期間のオナニーではなく、たった1週間の我慢。
上記の方法を試せば必ず達成できるでしょう。